メンテナンスについて

ブレーキには、様々な消耗品が使われています
安全なドライブにはもっとも重要なパーツになります

ブレーキパッド・ブレーキライニングについて

新品・摩擦状態

ブレーキの力をタイヤに伝えるのがブレーキパッドやブレーキライニングです。摩耗しながらブレーキを作用させており摩耗したまま使用するとブレーキの効きが悪くなり重大な事故につながる恐れがあります。
ブレーキパッドの摩耗が進むと、パッドウェアインジケーターがディスクローターと干渉し、“異音”が発生して、摩耗を知らせます。

チェックポイント

  • 走行中、ブレーキから異音が出だした
  • メーター内のブレーキ警告灯が点灯した
  • リザーバータンクの液量が減ってきた
新品・摩擦状態
ブレーキパッド・ブレーキライニングの写真・説明図

交換時期の目安

点検後、残量が少なければ交換します。
ブレーキパッド・ブレーキライニングの摩耗が進むと、ブレーキディスク・ブレーキドラムを削ってしまい修理費用が高額になりますので、早めの交換をおすすめします。

ブレーキパッド・ブレーキライニングの写真・説明図

ブレーキディスク・ブレーキドラムについて

摩耗したブレーキディスク・摩耗したブレーキドラム
ブレーキディスク断面図・ブレーキドラム断面図

ブレーキディスクやブレーキドラムは、ブレーキパッドやブレーキライニングとの摩擦によりブレーキの力をタイヤに伝えています。ブレーキパッドやブレーキライニングと同じように摩耗しながらブレーキを作用させており、摩耗したまま使用するとブレーキに大きな影響をおよぼし、振動が発生したり重大な事故につながる恐れがあります。

交換時期の目安

点検後、厚さおよび内径が、限度値を超えている場合、交換します。
(シビアコンディションの場合は12ヶ月点検)

シビアコンディションの条件:悪路走行が多い、走行距離が多い、山道など上り下りの頻繁な走行等
摩耗したブレーキディスク・摩耗したブレーキドラム
ブレーキディスク断面図・ブレーキドラム断面図

ブレーキフルードについて

新品のブレーキフルード・劣化後のブレーキフルード
使用年数と吸湿率・吸湿率と沸点

ブレーキフルードはブレーキペダルを踏んだ力を各ブレーキに伝える役割を果たしています。ブレーキはクルマの運動エネルギーを摩擦熱に換えて停止するため、大変高温となります。従って、フルードも高温にさらされます。劣化したまま使用するとブレーキ性能が低下し重大な事故につながる恐れがあるので、適切なフルード量を保ち、定期的なフルード交換が必要です。

チェックポイント

  • リザーバータンクのフルードが黒っぽく変色している
  • 2~3年以上ブレーキフルードを交換していない

ブレーキフルードは長期間使っていると、液中の水分が多くなりブレーキの熱によって沸騰しやすく、ブレーキ性能が低下する恐れがあります。

新品のブレーキフルード・劣化後のブレーキフルード
使用年数と吸湿率・吸湿率と沸点

クルマのトラブルは、お近くのトヨタのお店へ

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店

長期使用の弱点や、点検・整備についてまとめたクルマのトラブル防止アドバイスブックをトヨタ販売店にて無料配布中。

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店