メンテナンスについて

エンジンは、クルマの心臓とも言うべき重要な部分です
安全・快適にドライブするためにも定期的に点検を行いましょう

エンジン冷却水について

エンジン冷却水は、エンジンの熱を吸収してラジエーターで放熱することによりエンジンを冷却しています。その他にもラジエーターなどの冷却系統を構成する金属部品内部の錆を防いだり、冬場の凍結を防止する働きをしています。エンジン冷却水の劣化や液量・濃度不足によってオーバーヒートしたり、冷却系統の錆の発生や凍結によるラジエーターの破損の原因となります。

チェックポイント

新品の冷却水・劣化した冷却水
  • リザーバータンク内の汚れが目立つようになってきた
  • いつも水だけを補給している
  • 2~3年以上冷却水を交換していない(スーパーLLCご使用中の場合を除く)
  • 走行距離が多い
  • メーカーにより色が異なります。

交換時期の目安

濃度 30% 50%
凍結保証温度 -15℃ -35℃
  • 使用時は、最低気温により濃度を調整する必要があります。

トヨタ純正スーパーロングライフクーラント(スーパーLLC)

これまでのLLCの約2倍の寿命

[乗用車の場合]
新車:16万kmまたは7年 2回目以降:8万kmまたは4年

  • 距離と年数のいずれか早い方で交換となります。
新品の冷却水・劣化した冷却水

スパークプラグについて

スパークプラグは、エンジンの燃焼室内に火花を飛ばし燃料に着火します。走行距離の増加にともない、電極が消耗して火花がうまく飛ばなくなるため、エンジンが不調となり燃費の悪化、さらには未燃焼ガスを排出させて大気汚染の原因にもつながります。

チェックポイント

新品の電極・劣化した電極
  • エンジンのかかりが悪くなってきた
  • 発進や加速がもたつくようになってきた
  • 燃費が悪くなってきた

交換時期の目安

点検後、異常があれば交換します。

  • スパークプラグは車種・エンジンにより異なりますので、交換はお近くのトヨタのお店へご相談ください。
新品の電極・劣化した電極

タイミングベルトについて

タイミングベルトは、エンジン内部の回転部品(クランクシャフトとカムシャフト)を連結して回転させます。ベルトが劣化した状態で使用を続けると、歯飛びや断裂によって回転部品の関係が狂い、エンジンの重大な破損につながる場合があるため、定期的な交換が必要です。

交換時期の目安

新品のタイミングベルト・劣化したタイミングベルト

10万kmごと

新品のタイミングベルト・劣化したタイミングベルト

Vベルトについて

Vベルトは、エンジンの力でパワーステアリングやクーリングファン、エアコン用のコンプレッサーなどを駆動する役割を持っており、回転や高熱の影響により劣化します。劣化したまま使用すると、たわみ・損傷・ひび割れ・亀裂が生じ、ベルトがスリップ(異音の原因)をおこしたり、最悪の場合ベルトが切断され、エンスト、オーバーヒート、バッテリーあがり、ハンドルが重くなるなどの恐れがあります。

チェックポイント

新品のVベルト・劣化したVベルト
  • エンジンルームから異音がする
  • 急加速時にエンジンルームから異音がする
  • ゆるみ・損傷

交換時期の目安

点検後、異常があれば交換します。

  • Vベルトは車種・エンジンにより種類が異なりますので、交換はお近くのトヨタのお店へご相談ください。
新品のVベルト・劣化したVベルト

クルマのトラブルは、お近くのトヨタのお店へ

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店

長期使用の弱点や、点検・整備についてまとめたクルマのトラブル防止アドバイスブックをトヨタ販売店にて無料配布中。

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店