セーフティ・サポートカー

セーフティ・サポートカーS<ワイド>

クラウンは、「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」です。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置*1、車線逸脱警報*2、先進ライト*3など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>
(サポカーS<ワイド>)
自動ブレーキ(対歩行者)/ペダル踏み間違い時加速抑制装置/車線逸脱警報/先進ライト搭載車 Toyota Safety Sense装着車+インテリジェントクリアランスソナー装着車
  1. *1. マニュアル車は除く
  2. *2. 車線維持支援装置でも可
  3. *3. 自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯、または配光可変型前照灯をいう
  • ■安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

Toyota Safety Sense

進化を続ける次世代の予防安全パッケージ。

Toyota Safety Sense

POINT 1
5つの先進機能が、事故の起こりやすい多くの状況でドライバーをサポート。

POINT 2
単眼カメラとミリ波レーダーが進化し、昼夜の歩行者や昼間の自転車運転者も検知可能に。

  • ■写真はレーントレーシングアシストの作動イメージです。
  • ■写真はG-Executive(3.5Lハイブリッド車)。ボディカラーのプレシャスシルバー〈1J6〉はメーカーオプション。
  • [全車に標準装備]
  • 注意:Toyota Safety Senseを安全にお使いいただく上での留意事項説明
    Toyota Safety Senseは予防安全パッケージです。ご契約に際し、Toyota Safety Senseおよびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。
  • ご使用になる際のお客さまへのお願い
  • ■運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、常に自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
  • ■各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。
  • ■ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
  • ■運転者自身でプリクラッシュセーフティの自動ブレーキ制御を試すことはおやめください。

高速道路のクルージングをサポート。

レーントレーシングアシスト[LTA*1

POINT 1
渋滞時など白線(黄線)が見えにくい、または見えない場合も、先行車を追従してステアリング操作をサポート。

POINT 2
ステアリング内のレーントレーシングアシストスイッチONで作動。白線だけでなく、アスファルトや縁石などの境界から逸脱すると判定した場合も支援。

機能説明ムービー

レーントレーシングアシスト(LTA)
  1. *1. LTA:Lane Tracing Assist
  2. *2. レーダークルーズコントロールを使用していない場合でも、車線維持支援機能以外の車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能は作動します。
  • ■高速道路や自動車専用道路でご使用ください。
  • ■レーントレーシングアシストは自動で運転する装置でも前方への注意を軽減する装置でもないため、運転者は常に自らの責任で周囲の状況を把握し、ステアリング操作で進路を修正し、安全運転を心がけてください。
  • ■車線逸脱警報機能(車線維持支援機能中は除く)、車線逸脱抑制機能は約50km/h以上で作動します。
  • ■例えば次のような条件下では、車線維持支援機能、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能が正常に作動しない場合があるため、使用しないでください。
  • ●車線と見間違えるような路側構造物がある時(ガードレール、反射ポールなど)
  • ●分合流付近を走行中
  • ●急カーブを走行中
  • ●雨・雪・霧などで車線が見えにくい時など
  • ■例えば次のような条件下ではシステムの作動条件が満たされず車線維持支援機能、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能の作動をキャンセルする場合があります。
  • ●車線を見失った時
  • ●ドライバーの追加運転操作を検知した時(ステアリング、ブレーキ、アクセルの操作など)など
  • ■車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能は走路の境界がはっきり見えない場合、または直線的ではない場合には正常に作動しない場合があります。
  • ■故意に車線から逸脱して走行するなど、システムの作動を確認する行為は大変危険です。絶対におやめください。
  • ■車線維持支援機能が先行車に追従する支援を行う場合、先行車が車線を右、または左に片寄って走行、または車線変更した時は、先行車の位置に合わせて自車も片寄って走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。先行車がふらついた時は、自車もふらついて走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。
  • ■手放し運転をしているとシステムが判断した場合、車線維持支援機能、車線逸脱抑制機能は停止します。

ついていくをサポート。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

POINT 1
先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開。

POINT 2
ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援。スイッチ操作で車間距離切替も可能。

機能説明ムービー

レーダークルーズコントロール(RCC)
  • ■車間距離制御は状況により限界があります。システムを過信せず、安全運転をお願いします。
  • ■システムの設定上限速度は撤廃されています。設定速度は、制限速度、交通の流れ、路面環境、天候などを考慮して適切に設定してください。設定速度の確認は運転者が行う必要があります。
  • ■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。
  • ■高速道路や自動車専用道路でご使用ください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

ぶつからないをサポート。

プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

「ぶつからないをサポート」の流れ
1. 衝突の危険があるとき
「ブザー・ディスプレイ表示」で警報
2. ブレーキを踏めた場合
「プリクラッシュブレーキアシスト」が作動
3. ブレーキを踏めなかった場合
「プリクラッシュブレーキ」が作動

プリクラッシュブレーキは歩行者や自転車運転者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が約40km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポート。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が約50km/hの場合は、衝突回避または被害軽減をサポート。

機能説明ムービー

プリクラッシュセーフティ(PCS)
  • ■道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■プリクラッシュセーフティはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • ■数値は社内測定値。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

夜間の見やすさをサポート。

オートマチックハイビーム[AHB*1]/アダプティブハイビームシステム[AHS*2

POINT 1(オートマチックハイビーム)
ハイビームとロービームを自動で切替。遠くまで照らせるハイビームでの走行頻度が高まり、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。またヘッドライトの切替忘れ防止をサポートするほか、手動操作の煩わしさも軽減。

POINT 2(アダプティブハイビームシステム)
LEDの配光範囲を細やかに制御し、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光するので、ハイビームでの走行頻度がより向上。

機能説明ムービー

オートマチックハイビーム(AHB)
  • [オートマチックハイビーム:RS-B、S“C package”、S Four“C package”、S、S Four、Bに標準装備]
  • [アダプティブハイビームシステム:RS Advance、RS Advance Four、RS、RS Four、G-Executive、G-Executive Four、G、G Fourに標準装備]
  1. *1. AHB:Automatic High Beam
  2. *2. AHS:Adaptive High-beam System
  • ■オートマチックハイビームは、自車速度約30km/h以上で作動します。
  • ■アダプティブハイビームシステムは、自車速度約15km/h以上で作動します。
  • ■ハイビーム・ロービームの切替自動制御には、状況により限界があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切替えるなど、安全運転を心掛けてください。
  • ■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、作動しない場合やご利用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■写真は作動イメージです。

標識の見逃し防止をサポート。

ロードサインアシスト[RSA*1

POINT 1
前方のカメラで「最高速度」「はみ出し通行禁止」「車両進入禁止」「一時停止」の標識を認識。

  1. *1. RSA:Road Sign Assist

機能説明ムービー

ロードサインアシスト(RSA)

Toyota Safety Senseの付帯機能

マルチインフォメーションディスプレイ&カラーヘッドアップディスプレイ表示例

前のクルマの発進をお知らせ。

先行車発進告知機能[TMN*1

  1. *1. TMN:Traffic Movement Notification
  • ■シフトポジションが「P」「R」以外でブレーキペダルを踏んで停車している時に作動します。シフトポジションが「N」の時、またはレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)機能で自車が停止した場合、さらにシフトポジションが「D」の時にブレーキホールドを使用した場合は、ブレーキペダルを踏んでいなくても作動します。
  • ■先行車が約4m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。なお、機能のON/OFFおよび通知タイミングの変更が可能です。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

予防安全

踏み間違えてもサポート。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]

POINT
前向き駐車でアクセルを踏み過ぎた時も後ろ向き駐車でブレーキを踏み間違えた時も自動ブレーキが作動し、衝突被害の軽減をサポート。

車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時にエンジン出力/ハイブリッドシステムの出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。

  • [全車に標準装備]
  • ■インテリジェントクリアランスソナーは、自動ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。
  • ■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
  • ■運転者自身でインテリジェントクリアランスソナーの自動ブレーキ制御を試すことはおやめください。
  • ■インテリジェントクリアランスソナーの自動ブレーキが作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま前進・後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

死角を検知し、駐車をサポート。

リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]/リヤクロストラフィックアラート*1

パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)/リヤカメラディテクション*2トヨタブランド初*3

POINT
接近してくる車両や歩行者に対しても、自動ブレーキが作動し、衝突被害の軽減をサポート。

駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで、自車後方の歩行者をカメラで検知。ドアミラー内のインジケーター点滅*4とブザーによりドライバーに注意喚起します。衝突の可能性がある場合は、自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両や歩行者との衝突被害軽減を支援します。

  1. *1. [RS Advance、RS Advance Four、G-Executive、G-Executive Four、G、G Four、S“C package”、S Four“C package”に標準装備。RS、RS Four、RS-B、S、S Four、Bにメーカーパッケージオプション]
  2. *2. [RS Advance、RS Advance Four、G-Executive、G-Executive Four、G、G Four、S“C package”、S Four“C package”にパノラミックビューモニター&インテリジェントパーキングアシスト2とセットでメーカーオプション。RS、RS Four、RS-B、S、S Four、Bにメーカーパッケージオプション]
  3. *3. 2018年6月現在。
  4. *4. ドアミラーのインジケーター表示は後方接近車両のみとなります。
  • ■リヤクロストラフィックオートブレーキ、パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)は、自動ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■リヤクロストラフィックアラートおよびリヤカメラディテクションは、あくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。また天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
  • ■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。
  • ■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
  • ■運転者自身でリヤクロストラフィックオートブレーキ、パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)の自動ブレーキ制御を試すことはおやめください。
  • ■リヤクロストラフィックオートブレーキ、パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)の自動ブレーキが作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで後退できます。
  • ■パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)は、歩行者以外の立体物に対しても作動することがあります。ブレーキ作動後はブレーキを踏んで周囲の確認をお願いします。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

不安な駐車シーンも、より安全・スムーズに。

パノラミックビューモニター&インテリジェントパーキングアシスト2(巻き込み警報機能付)

POINT 1

  • 目視しづらいクルマの周囲をぐるりと見渡せ、しっかり確認可能。

    パノラミックビューモニター

    車両の前後左右に搭載したカメラから取り込んだ映像を合成し、車両を上から見たような映像をディスプレイに表示。

  • バック駐車時のステアリング操作を自動でアシスト。

    インテリジェントパーキングアシスト2

    超音波センサーとカメラを使って駐車スペースを検知し、目標駐車位置を自動設定。スイッチを押すだけで、適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作のみ自動でアシスト。

  • 縦列駐車や切返しを伴う駐車もアシストし、狭いスペースにも対応。

    インテリジェントパーキングアシスト2

    開始位置からの一発駐車だけでなく、複数回の前後移動(切返し)を含めた支援を実施。

POINT 2

  • 2つの装備の機能が統合され、ステアリング操作アシスト中に、車両周辺の安全確認が可能に。

    さらに駐車スペースの選択は、ディスプレイに表示される駐車枠候補の中から希望する位置を直接タッチするだけ。直感的に操作できます。

  • [RS Advance、RS Advance Four、G-Executive、G-Executive Four、G、G Four、S“C package”、S Four“C package”にパーキングサポートブレーキ(後方歩行者)/リヤカメラディテクションとセットでメーカーオプション。RS、RS Four、RS-B、S、S Four、Bにメーカーパッケージオプション]
  • ■カメラが映し出す範囲は限られており、実際より遠く見える場合があります。映像を過信せず、必ず車両周辺の安全を直接確認しながら運転してください。
  • ■インテリジェントパーキングアシスト2は状況に応じて使用できない場合があります。詳しくは販売店におたずねください。なお、安全確認およびブレーキ操作は運転する方が十分に行ってください。
  • ■巻き込み警報機能には限界があります。装置を過信せず、安全確認をお願いします。道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

車線変更時の後方確認をアシスト。

ブラインドスポットモニター[BSM*1]/後方車両への接近警報

POINT 1
隣の車線を走る車両をレーダーで検知し、ドアミラーでは確認しづらい死角エリアの車両の存在をお知らせ。

POINT 2
急接近してくる車両も検知して、お知らせ。

隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知して、ドアミラーのインジケーターによって、車両の存在をお知らせ。車両を検知した状態でウインカー操作をするとインジケーターが点滅してより注意喚起する機能や、後方車両から衝突される可能性が高いと判断した場合、ハザードランプを高速点滅させて、後方車両に注意喚起する機能(後方車両への接近警報)も搭載しています。

  • [RS Advance、RS Advance Four、G-Executive、G-Executive Four、G、G Four、S“C package”、S Four“C package”に標準装備。RS、RS Four、RS-B、S、S Four、Bにメーカーパッケージオプション]
  1. *1. BSM:Blind Spot Monitor
  • ■検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。
  • ■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
  • ■ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示。

デジタルインナーミラー

POINT 1
視界を遮るものがない映像で、後方の安全確認がより快適に。

POINT 2
電動式リヤサンシェード使用時でも後方視界を確保。

  • [G-Executive、G-Executive Fourに標準装備。RS Advance、RS Advance Four、G、G Fourにメーカーオプション]
  • ■走行前に必ずミラーの調整を行ってください。走行中は、デジタルインナーミラーの位置やディスプレイに表示される映像を調整しないでください。また、外部光による反射でディスプレイが見えにくい場合には、シェードを閉めるか鏡面ミラーモードに切替えてください。
  • ■体調・年齢などにより、ディスプレイに表示される映像に焦点が合うまで時間がかかる場合があります。また着雪や雨滴、汚れ等により映像が見づらくなる場合があります。その場合には鏡面ミラーモードに切替えてください。
  • ■夜間など暗い場所では、周辺を明るく見せるために映像が自動的に調整されることにより、特有のちらつきが発生する場合があります。

光の度合いを検知し、後続車のライトの眩しさを緩和。

自動防眩インナーミラー

インナーミラー本体に取り付けられたセンサーが、周囲の光と後方からの光の度合いを検知し、鏡面の反射状態を変化させドライバーの視認性を確保します。

  • [RS Advance、RS Advance Four、G、G Four、S“C package”、S Four“C package”、S(3.5L)に標準装備。RS、RS Four、S(除く3.5L)、S Fourにメーカーオプション]

雨滴量を自動検知して、最適な払拭間隔で作動。

オートワイパー(雨滴感応式)

センサーがガラス表面の雨滴量を検知し、最適な払拭間隔でワイパーが作動します。また、ウォッシャーノズルをブレードに内蔵したことで、ウォッシャー液の噴射エリアをブレード周辺に絞ることを可能とし、より良好な視界確保を実現します。

  • [RS Advance、RS Advance Four、G-Executive、G-Executive Four、G、G Four、S“C package”、S Four“C package”、S(3.5L)に標準装備。RS、RS Four、S(除く3.5L)、S Fourにメーカーオプション]

ライン発光を採用し、際立つスポーティな眼差し。

3眼LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト機能&おもてなし照明付)+ヘッドランプクリーナー

切れ長でシャープな外形の中に、3眼の輝きが際立つヘッドランプ。車両周辺が暗いとき、ドアを解錠するとLEDクリアランスランプが自動点灯*1し、乗る方を快くお迎えします。

  • [RS Advance、RS Advance Four、RS、RS Four、G-Executive、G-Executive Four、G、G Fourに標準装備]
  1. *1. ランプスイッチがAUTOの位置にあるときに限ります。
  • ■RS、RS Fourはおもてなし照明の設定はありません。

フルLEDがもたらす良好な視界。

Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ

すべての光源をLED化したLEDヘッドランプ。1灯の光源でロービームとハイビーム切替が行えるBi-Beam(バイ-ビーム)LEDを採用し、前方を明るく照射しながら、省電力に寄与します。

  • [RS-B、S“C package”、S Four“C package”、S、S Four、Bに標準装備]

流れるような光で、周囲からの被視認性向上に寄与。

LEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リヤ)

右左折時に車両内側から外側に流れるように点灯。先進的な印象を演出するとともに、周囲からの被視認性を高め安全性の確保に寄与します。

  • [RS Advance、RS Advance Four、RS、RS Fourに標準装備]

悪天候時に、自車の存在をアピール。

リヤフォグランプ

雨、雪、霧などの走行時に後方車からの被視認性を高めます。

  • [全車にメーカーオプション]*1
  1. *1. 寒冷地仕様選択時に装着可能。

後退時に自動的に下向きになるなど、多彩な機能を搭載。

ドアミラー追加機能(リバース連動機能&足元照明)

後退時にシフトポジション「R」と連動して自動でミラー鏡面の向きを変え、駐車をサポートするリバース連動機能を搭載。鏡面の向きはお好みで設定、記憶させることが可能。たとえば下向きにした場合、リヤタイヤ付近を映しだし、駐車ラインなどの確認が容易になります。

  • [RS Advance、RS Advance Four、G-Executive、G-Executive Four、G、G Four、S“C package”、S Four“C package”に標準装備。RS、RS Four、RS-B、S、S Four、Bにメーカーパッケージオプション]

シフト操作時の急発進・急加速を抑制し、被害の軽減に寄与。

ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。例えば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力/ハイブリッドシステム出力を抑えます。

  • [全車標準装備]

坂道でもスムーズに発進。

ヒルスタートアシストコントロール

坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進をアシストします。

  • [全車標準装備]

歩行者に音で知らせる、細やかな配慮。

車両接近通報装置

発進から車速約25km/hまでのEV走行(前進/後退時)中は自動で発音。歩行者に音で接近を伝えます。

  • [ハイブリッド車に標準装備]

急ブレーキを後続車に知らせて追突される可能性を低減。

緊急ブレーキシグナル

急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅。後続車に注意を促し、追突される可能性を低減します。

  • [全車標準装備]

道路の凹凸に応じて車体の揺れを抑制。

ばね上制振制御

路面の凹凸に応じて、モーターのトルクをリアルタイムに制御することで、車体の上下の縦揺れ(ピッチング)を抑制し、滑らかでフラットな乗り心地に貢献します。

  • [ハイブリッド車に標準装備]

マルチインフォメーションディスプレイ表示

空気圧低下をいち早く知るために。

タイヤ空気圧警報システム(TPWS*1

4輪それぞれの空気圧をマルチインフォメーションディスプレイ内に表示。より安全なドライビングと燃費向上に寄与します。

  • [G-Executive、G-Executive Fourに標準装備]
  1. *1. TPWS:Tire Pressure Warning System
  • ■スペアタイヤ(応急用タイヤ)装着(走行)時は4輪とも表示しません。

衝突安全

すべての乗員を覆うように広がり衝撃を緩和。

SRS*1エアバッグシステム

A. 運転席SRSエアバッグ
B. 運転席SRSニーエアバッグ
C. 助手席SRSエアバッグ
D. 運転席SRSサイドエアバッグ
E. 助手席SRSサイドエアバッグ
F. 前後席SRSカーテンシールドエアバッグ

  • [全車に標準装備]
  1. *1. SRS:Supplemental Restraint System(乗員保護補助装置)
  • ■SRSエアバッグは、あくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
  • ■すべてのSRSエアバッグは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。
  • ■SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは側面衝突時には衝突側のみ膨らみます。
  • ■チャイルドシートなどを助手席に装着する時は、後ろ向きにしない、前席にはクラウン専用の純正シートカバー以外は取り付けないなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

フードの後方を持ち上げて歩行者への衝撃を緩和。

ポップアップフード(予防連携機能付)

歩行者との万一の衝突時、フード後方を瞬時に持ち上げフード下の空間を広げることで、歩行者の頭部への衝撃を緩和します。また、プリクラッシュセーフティが歩行者や自転車運転者と衝突する可能性が高いと判断した場合、ポップアップフード作動の準備を行う予防連携機能も備えています。

  • [全車に標準装備]
  • ■衝突の条件によっては作動しない場合があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

すべての席の安全性に配慮。

全席ELR*1付3点式シートベルト(予防連携機能付)

プリクラッシュセーフティによって車両との衝突の可能性が高いと判断された場合、プリテンショナー機構*2の作動を準備する機能を採用しています。

  • [全車に標準装備]
  1. *1. ELR:Emergency Locking Retractor
  2. *2. 前方からの強い衝撃を感知するとシートベルトを瞬時に巻き取り乗員の拘束効果を高める機構。運転席、助手席、後左右席に採用。
  • ■プリテンショナー機構は衝突の条件によっては作動しない場合があります。

小型車両への衝突ダメージ軽減にも配慮。

全方位コンパティビリティボディ構造

衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディ“GOA”*1は、車重や車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求する全方位コンパティビリティ*2の概念を取り入れ進化しています。前面・側面・後面からの衝突に対し、同排気量クラストップレベルの衝突安全性を追求。クラウンより車重の軽いクルマとの衝突においても、相手車両のダメージを軽減するための配慮をボディ細部に施しています。

  • [全車に標準装備]
  1. *1. GOA:Global Outstanding Assessment[クラス世界トップレベルを追求している安全性評価]
  2. *2. 軽いクルマの衝突安全性確保と、重いクルマの加害性低減によって双方の安全性を図るという考え方。

歩行者にも配慮した衝撃吸収設計。

歩行者傷害軽減ボディ

万一の対人事故の場合、衝突部位の大半がボディ前面を占めることから、エンジンフード、フェンダー、カウル部等に、歩行者の頭部などへの衝撃緩和に配慮した衝撃吸収構造を採用しています。

  • [全車に標準装備]

後席乗員のシートベルト着用を促す。

後席シートベルトリマインダー

  • [全車に標準装備]

グレード・車種を比較

読み込み中です……。