Q

レーントレーシングアシスト(LTA)。ハンドル操作サポート。レーダークルーズコントロールを起動するとハンドルが勝手に動くのはどうして?

A

車線の中央を走るようにハンドル操作をサポートする機能(レーントレーシングアシスト)が、レーダークルーズコントロールと一緒に作動しています。

レーントレーシングアシストってどんな機能?

アクセルを踏まなくても、前の車と車間距離を保ってついて行く機能(レーダークルーズコントロール)作動中に、車線維持に必要なハンドル操作を、サポートする機能です。

起動方法
1

ハンドルにあるLTA(レーントレーシングアシスト)スイッチを押します。一度ON/OFFすると、次回使用時もそのままの状態が続きます。

2

前の車と車間距離を保ってついていく機能(レーダークルーズコントロール)を起動します。
(レーダークルーズコントロール使用方法はこちら

3

レーダークルーズコントロール作動中に、車線維持に必要なハンドル操作のサポートをします。

  • 車種によって表示灯が異なりますので、ご自身の取扱書でご確認ください。

4

常にハンドルをしっかりと握ってください。ハンドルをしっかり握っていない状態での運転が続くと、ブザーがなり、機能が一時的に解除されます。

一時的に機能が解除されますが、ふたたび作動条件が満たされると、自動的に復帰します。

ハンドル操作のサポート(レーントレーシングアシスト)をOFFにする

OFFに切り替えるにはハンドルにあるLTAスイッチを押します。

ハンドル操作サポートが正常に作動しないおそれのある状況
  • 先行車・周辺車がふらついたり、逸脱したり、車線変更したとき
  • 周囲に移動物、構造物があるとき
  • 横風の受けているときなど、周辺車両の走行に発生する風の影響を受けているとき
  • 車線を検知できない、もしくは、センサーが正しく作動しないおそれがあるとき

車種により異なる場合がありますので、ご自身の取扱書でご確認ください。

  • 画像はサンプルです(ノア 2022/1モデル)。車種により設定の有無・仕様・操作方法等が異なる場合がありますので、おクルマに搭載の取扱書等でご確認をお願いいたします。

  • ご使用の際は、取扱書に掲載の「レーントレーシングアシスト - LTAをお使いになる前に」をご確認お願いいたします。

  • 安全運転を行う責任は運転者にあります。システムを過信せず、運転者は常に自らの責任で周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。

ご意見をお聞かせください
トヨタ自動車株式会社 お客様相談センター

ご愛用車のお問い合わせは、自動車検査証(車検証)をご用意いただくとスムーズな対応が可能です。

フォームでお問い合わせ

受付:年中無休 24時間受付

ご購入・ご利用中のおクルマ・​おクルマ以外の弊社について​

お車の故障や修理に関するご相談についてインターネットでのお問い合わせは、時間を要しますので、最寄りのトヨタ販売店または、お電話にて当社お客様相談センターまでお問い合わせくださいますようお願いいたします。

インターネットによるフォームでのお問い合わせ後、当社からメールを受け付けた旨の返信メールが届かない場合は、お手数をおかけしますが、お電話にて当社お客様相談センターまでお問い合わせくださいますようお願いいたします。※こちらは、日本国内でお乗りの日本仕様車をお乗りのお客様専用向けのお問い合わせ窓口です。This service is only for customers who drive Japanese specification vehicles in Japan.

当ホームページについて、お気づきの点(誤字・脱字・リンク切れなどの不具合)がございましたらお知らせください。

お電話でお問い合わせ

受付:年中無休 9:00~18:00

  1. 1:ナビ・オーディオに関するご相談
  2. 2:その他のご相談

IP電話をご利用の場合は、チャットもしくはインターネットによるフォームでのお問い合わせをご利用ください。

手話でお問い合わせ

受付:年中無休 9:00~18:00