セーフティ・サポートカー

セーフティ・サポートカーS<ワイド>/セーフティ・サポートカー

プリウスは「セーフティ・サポートカーS<ワイド>、セーフティ・サポートカー」です。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動(被害軽減)ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>
(サポカーS<ワイド>)
自動(被害軽減)ブレーキ(対歩行者)/ペダル踏み間違い時加速抑制装置*1/車線逸脱警報*2/先進ライト*3搭載車 Toyota Safety Senseかつインテリジェントクリアランスソナー装着車
セーフティ・サポートカー
(サポカー)
自動(被害軽減)ブレーキ Toyota Safety Sense装着車
  1. *1. マニュアル車は除く。
  2. *2. 車線維持支援装置でも可。
  3. *3. 自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯、または配光可変型前照灯をいう。
  • ■安全運転を支援する装置は、あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

JNCAP*1予防安全性能評価*2において、2016年度最高ランクの「ASV++」を獲得*3

JNCAP衝突安全性能評価*4の2016年度最高ランク「ファイブスター賞」の受賞とあわせて、高い予防および衝突安全性能を評価されました。

  1. *1. 自動車アセスメント(JNCAP:Japan New Car Assessment Program):国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
  2. *2. 予防安全性能評価:JNCAPに2014年度より導入され、以下の項目により車両の予防安全性能を、2016年度から「ASV+」、「ASV++」の2段階で評価。 ①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]〈プリクラッシュセーフティ〉 ②車線逸脱警報装置〈レーンディパーチャーアラート〉 ③後方視界情報提供装置〈バックモニター等〉(2015年度から追加) ④衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者、昼間]〈プリクラッシュセーフティ〉(2016年度から追加)
  3. *3. Toyota Safety Sense搭載およびバックカメラ装着車。
  4. *4. 衝突安全性能評価:衝突時の乗員保護性能と歩行者保護性能を合わせ、車両の総合的な安全性を点数に応じ1~5★の5段階で評価。

Toyota Safety Sense

実安全の追求から生まれた、先進安全機能。

Toyota Safety Sense

  • ■写真はToyota Safety Senseの作動イメージです。
  • POINT 1
    4つの先進機能が、多くの状況でドライバーをサポート。

  • POINT 2
    2種類のセンサーで高い認識性能と信頼性を両立。

ぶつからないをサポート。

プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10~80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合にはプリクラッシュブレーキにより約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合はプリクラッシュブレーキにより約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減をサポートします。

  • ■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/h以上から作動、対歩行者は自車速度約10~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■プリクラッシュセーフティはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • ■数値は社内測定値。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

はみ出さないをサポート。

レーンディパーチャーアラート*1(ステアリング制御機能付)

道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、警報ブザーとディスプレイ表示により注意喚起します。さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

  1. *1. 車線逸脱警報。
  • ■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。

夜間の見やすさをサポート。

オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

  • ■自車速度約30km/h以上で作動します。
  • ■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
  • ■道路状況・車両状態および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■写真は作動イメージです。

ついていくをサポート。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

  • ■ITS Connectのオプション選択により、通信利用型レーダークルーズコントロールが利用可能になります。
  • ■高速道路や自動車専用道路で使用してください。
  • ■車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
  • ■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のカメラ・レーダーの検知範囲はイメージです。
  • Toyota Safety Senseを安全にお使いいただく上での留意事項説明
    Toyota Safety Senseは予防安全パッケージです。ご契約に際し、Toyota Safety Senseおよびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。
  • (ご使用になる際のお客さまへのお願い) ■運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。 ■各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。 ■ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。 ■お客様ご自身でプリクラッシュセーフティの作動テストを行わないでください。対象(マネキンや段ボールで作動対象を模したものなど)や状況によってはシステムが正常に作動せず、思わぬ事故につながるおそれがあります。

詳しくは、お近くの販売店へお気軽に

予防安全

自車後側方から接近してくる車両を検知し、注意を喚起。

リヤクロストラフィックアラート〈RCTA〉

駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知。ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起します。

  • [Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、AにT-Connect SDナビゲーションシステムまたはナビレディセットとセットでメーカーオプション]
  • ■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
  • ■リヤクロストラフィックアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
  • ■リヤクロストラフィックアラートのレーダーは真後ろの車両を検知できないため、必ずバックモニターと合わせてご使用ください。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のレーダー・センサーの検知範囲はイメージです。

シフト操作時の急発進・急加速を抑制し、被害軽減に寄与。

ドライブスタートコントロール

シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。たとえば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促し、ハイブリッドシステム出力を抑えます。

  • 画面表示

  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真の画面表示は機能説明のために通常の状態とは異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

車線変更時の後方確認をアシスト。

ブラインドスポットモニター〈BSM〉

隣の車線を走る車両をレーダーで検知。車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。その際、サイドターンランプを点滅させるとLEDインジケーターも点滅し、ドライバーに注意を喚起します。

  • インジケーター部

  • 拡大イメージ

  • [Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aに標準装備]
  • ■検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。
  • ■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
  • ■ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のレーダー・センサーの検知範囲はイメージです。
  • ■写真の画面表示は機能説明のために通常の状態とは異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

踏み間違えてもサポートする、先進の安全機能。

インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]

超音波センサーで周辺監視しながら、アクセル・ブレーキペダル操作に関係なく、低速取り回し時における衝突回避、または衝突被害の軽減に寄与するシステムです。車庫入れなどの運転時、障害物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、ブレーキ制御を行い障害物との接触を緩和する機能を追加しています。

  • 超音波センサー検知イメージ(前後)

  • [Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aに標準装備。S“ツーリングセレクション”、S、Eにメーカーオプション]
  • ■インテリジェントクリアランスソナーは自動(被害軽減)ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。
  • ■ソナーの検知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
  • ■運転者自身でインテリジェントクリアランスソナーの自動(被害軽減)ブレーキ制御を試すことはおやめください。
  • ■インテリジェントクリアランスソナーの自動(被害軽減)ブレーキが作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま前進・後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のレーダー・センサーの検知範囲はイメージです。
  • ■写真の画面表示は機能説明のために通常の状態とは異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

スイッチを押すだけで、キレイに駐車が可能。

シンプルインテリジェントパーキングアシスト(巻き込み警報機能付)

超音波センサーを使って周囲の障害物を検出し、駐車スペースを判断。駐車したいスペースの前で停車し、スイッチを押すだけで、適切な後退開始位置への誘導と後退駐車のためのステアリング操作のみ自動でアシストします。超音波センサーで空間認識をするので、白線がない場所や暗闇時でも駐車を支援します。さらに表示はマルチインフォメーションディスプレイ内で行われるので、ナビを装着する必要もありません。加えて、車両側方に障害物を巻き込む危険を知らせる巻き込み警報機能も設定しています。

  • [Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aに標準装備]
  • ■シンプルインテリジェントパーキングアシストは状況に応じて使用できない場合があります。なお、安全確認およびブレーキ操作は、運転する方が十分に行ってください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • ■巻き込み警報機能には限界があります。装置を過信せず、安全確認をお願いします。
  • ■写真は作動イメージです。
  • ■写真のレーダー・センサーの検知範囲はイメージです。
  • ■写真の画面表示は機能説明のために通常の状態とは異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

精悍で先進的な眼光。

Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)・LEDクリアランスランプ

先進的でシャープな目つきが印象的な、Bi-Beam(バイ-ビーム)LEDヘッドランプ。1灯の光源でロービームとハイビームの切り替えを行い、前方を明るく照射しながら、省電力にも寄与します。また、LEDクリアランスランプもシャープなデザインとし、精悍な表情を際立たせます。

際立つ先進、高まる安全。

LEDフロントフォグランプ&LEDアクセサリーランプ[薄暮灯]

フロントフェイスの先進性を際立たせるとともに、悪天候時にヘッドランプの明かりを補助。優れた安全性を確保しています。

  • [LEDフロントフォグランプ:Aプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、A、S“ツーリングセレクション”に標準装備。Sにメーカーオプション]
  • [LEDアクセサリーランプ:Aプレミアム“ツーリングセレクション”、A“ツーリングセレクション”、S“ツーリングセレクション”に標準装備]

横基調の光が、存在感のあるリヤビューを演出。

リヤコンビネーションランプ(LEDテール&ストップランプ)

バックドア側に伸びたリヤコンビネーションランプは、ボリューム感あるリヤスタイルをより強調するデザインです。テールランプとストップランプにLEDを採用し、面発光によって、夜間の被視認性をしっかりと確保します。

空力デザインに宿る、被視認性へのこだわり。

リヤスポイラー(LEDハイマウントストップランプ付)

空気抵抗の低減に貢献するリヤスポイラーと、LEDハイマウントストップランプ。先進的なスタイルを演出するとともに、均一に点灯するLEDが後続車からの被視認性を高めます。

悪天候時にも対応。

LEDリヤフォグランプ(右側)

リヤコンビネーションランプ右側にリヤフォグランプを設定。雨、雪、霧など悪天候の走行時に後続車からの被視認性を高めます。寒冷地仕様に同時装着となります。

  • [全車にメーカーオプション]

滑りやすい路面等で走行安定性を確保。

S-VSC*1(ステアリング協調車両安定性制御システム)

電動パワーステアリングとVSC・ABS*2・TRC*3のブレーキ制御および駆動力制御機能を協調させ、車両の挙動が安定する方向に駆動力配分と操舵トルクをアシストするシステムです。さまざまな状況下で、優れた走行安定性・操縦性を確保します。

  1. *1. S-VSC:Steering-assisted Vehicle Stability Control
  2. *2. ABS:Antilock Brake System
  3. *3. TRC:Traction Control
  • ■道路状況および天候状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

走行状況に応じて適切にブレーキを制御。

EBD*1付ABS&ブレーキアシスト

制動時のタイヤロックを防ぐABS機能に加え、車両の走行状態に応じた適切な制動力を前後・左右輪に配分するEBD機能を採用。またブレーキアシスト*2は、緊急時など急速度でブレーキペダルが踏み込まれた場合、より強い制動力を発生させます。

  1. *1. EBD[電子制動力配分制御]:Electronic Brake force Distribution
  2. *2. アシストが必要な時には、ブレーキペダルを踏み続けてください。
  • ■急ブレーキは危険を回避するための反射的な行為です。それ以外は通常のブレーキ操作を行うようにしてください。

坂道でもスムーズに発進。

ヒルスタートアシストコントロール

坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進を実現します。

衝突安全

衝突時の被害を軽減するために。

6つのSRS*1エアバッグ

前席乗員の頭や胸に作用する衝撃力を分散・緩和させるSRSエアバッグから、後席乗員の頭部側面まで保護するSRSカーテンシールドエアバッグまで、合計6つのエアバッグを設定しています。

①SRSエアバッグ(運転席・助手席)
②SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)
③SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)

  1. *1. SRS[乗員保護補助装置]:Supplemental Restraint System
  • ■SRSエアバッグは、あくまでシートベルトを補助する装置です。必ずシートベルトをご着用ください。
  • ■すべてのSRSエアバッグは、衝突の条件によっては作動しない場合があります。なお、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグは、実際の衝突時には衝突側のみ膨らみます。
  • ■チャイルドシートを助手席に装着する時は、後ろ向きにしないなど、ご注意いただきたいことがあります。必ず取扱説明書をご覧ください。

優れた衝突安全ボディ。

全方位コンパティビリティ*1ボディ構造

衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる、衝突安全ボディ“GOA*2”。重量・車高の異なるクルマ同士の衝突時における共存を追求する、コンパティビリティの概念を採り入れています。また、ホットスタンプ材(超高張力鋼板)を最適配置することで強固な骨格を実現し、優れた衝突安全性能を確保しています。

  1. *1. 軽いクルマの衝突安全性確保と、重いクルマの加害性低減によって双方の安全を図るという考え方。
  2. *2. GOA[クラス世界トップレベルを追求している安全性評価]:Global Outstanding Assessment

詳しくは、お近くの販売店へお気軽に

グレード・車種を比較

読み込み中です……。