スープラのリコール

  • 届出番号 4850

令和元年から令和2年に生産したスープラの一部車両につきまして、令和2年11月12日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。
ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。本来であれば、速やかに修理をさせていただくところでございますが、修理の準備に時間を要しております。今しばらくご猶予をいただきたくご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
なお、修理の準備が整い次第あらためてご案内させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

お客様のご愛用車が対象車両かどうかは、リコール等情報対象車両検索でご確認いただけます。

リコールの概要

1.不具合の状況

樹脂製燃料タンクにおいて、溶着工程の管理が不適切なため、接合面が溶込み不足となっているものがあります。そのため、タンクの内圧変化等で接合面が剥がれ、燃料が漏れるおそれがあります。

2.改善の内容

全車両、燃料タンクを良品と交換します。

3.対象車両
型式 通称名 対象車の含まれる
車台番号
製作期間 対象車の
台数
備考
3BA-DB22 スープラ DB22-0022870~
DB22-0033574
令和元年 9月13日~
令和 2年 5月29日
9
3BA-DB42 DB42-0025662~
DB42-0028249
令和元年10月 3日~
令和元年12月16日
3
3BA-DB82 DB82-0023539 令和元年 9月20日 1
注意:
1. 対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれますので、詳細については最寄りのトヨタ販売店にお問い合わせください。
2. 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

お客様へのお願い

ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。本来であれば、速やかに修理をさせていただくところでございますが、修理の準備に時間を要しております。今しばらくご猶予をいただきたくご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
修理の準備が整い次第あらためてご案内させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

ご愛用の皆様には大変ご迷惑をおかけ致しましたこと、心からお詫び申し上げます。

お車に関するご質問はお近くのトヨタ販売店または、トップページ下部のお客様相談センターへお問い合わせください。