photo by Akira Maeda

photo by Akira Maeda

技術は、どこまで
人に寄り添えるか。

130年前、
トヨタグループ創始者の豊田佐吉は
夜遅くまで働く母のために、
織機を改良しました。

「誰かのために」というこの想いは、
現代のクルマづくりにおいても、
変わらず受け継がれています。

人を愛する安全技術へ。
モノづくりへの変わらぬ想いと、
進化し続ける技術で、
トヨタは交通事故死傷者ゼロ社会の
実現を目指しています。

モノづくり130年の
歴史のなかで
安全技術は
進化を遂げてきました

1890
1930
1960
モータリゼーションの進展
交通事故増加で社会問題に…
1970
1980
シートベルト着用が義務化
1990
2010
2020

「交通事故死傷者ゼロ」
の未来へ向けて、
人に寄り添う技術は
まだまだ進化し、
続いていきます

特設コンテンツ

あなたに寄り添う安全技術 Special Movie
今日も明日も、あなたの隣に座って
そっと手助けしてくれるのは、
個性豊かな安全技術たち…?
あなたに寄り添う安全技術 Special Movie

おせっかいの正体

「パパが、おせっかいすぎる!」
ウザがる娘に、容赦ないパパ
ただ、ウザさにはある理由が…

  • 開発者の想い

    「安全安心」を紡ぐ人々

    INTERVIEW 01 母になって強まった
    「安全」への想い

    MS制御開発部
    第1先進安全制御開発室 設計4G
    高木 有華

    トヨタ入社からPVM開発、さらには出産・子育てを経験して、さらに強くなった事故ゼロへの決意を語ってもらった。

    記事を読む

    photo by Masashi Nagao

  • 開発者の想い

    「安全安心」を紡ぐ人々

    INTERVIEW 02 子どもの側を安心して走れる、
    人に優しいクルマを作りたい

    先進安全システム開発部
    藤田 和幸

    安全がもっと「人に寄り添う存在」になるために。多くの挑戦と失敗を繰り返しながら奮闘するパパ技術者の想いを紐解く。

    記事を読む

    photo by Ken Takayanagi

  • 開発者の想い

    「安全安心」を紡ぐ人々

    INTERVIEW 03 子どもの側を安心して走れる、
    人に優しいクルマを作りたい

    先進安全システム開発部
    池 渉 室長

    お客様にとっての「安心」をもっと世の中に広げていくために。入社から安全技術一筋な技術者の想いを紐解く。

    記事を読む

    photo by Ken Takayanagi