高速走行時の安全技術

車線変更時の後方確認をアシスト。

隣の車線を走る車両をレーダーで検知し、
死角エリアの車両の存在をお知らせします。

見えにくい後方の車両を検知して
運転をアシストする。

高速道路での車線変更をサポート

隣の車線を走る車両をレーダーで検知し、
ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、急接近してくる車両も検知します。
車両を検知するとドアミラーに搭載されたLEDインジケーターが点灯します。

ブラインドスポットモニター
搭載車種

  • 隣接する車線の最大約60m後方までモニターします。
  • ウインカーを操作するとLEDインジケーターが点滅してより注意を喚起します。
  • 検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。
  • 天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
  • ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。

交通事故死傷者ゼロ社会に向けて、
トヨタができること。

トヨタの安全技術