高速走行時の安全技術

車線変更時の後方確認をアシスト。

隣の車線を走る車両をレーダーで検知し、
死角エリアの車両の存在をお知らせします。

見えにくい後方の車両を検知して
運転をアシストする。

高速道路での車線変更をサポート

隣の車線を走る車両をレーダーで検知し、
ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、急接近してくる車両も検知します。
車両を検知するとドアミラーに搭載されたLEDインジケーターが点灯します。

安心降車アシスト(ドアオープン制御付)[SEA]

降車時、ブラインドスポットモニター[BSM]のセンサーを活用し、後方からの自転車を含む接近車両などを検知。開放後のドア、もしくは降車した乗員と衝突する可能性があるとシステムが判断した場合、ドアミラー内のインジケーターを点灯させ注意を促します。また、パワースライドドアを開けようとした場合は、パワースライドドアを途中停止または開操作をキャンセル。ブザー、ドアミラー内のインジケーターの点滅、メーターの表示、音声通知で乗員に告知します。

BSM:Blind Spot Monitor

SEA:Safe Exit Assist

検知対象の目安となる大きさは、ブラインドスポットモニターは小型の二輪車よりも大きな車両となり、安心降車アシストは自転車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。

天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。

ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。

安心降車アシストはあくまで補助機能です。本機能を過信せず、降車の際はご自身で周囲の安全状況を直接確認してください。

安心降車アシスト(ドアオープン制御付)[SEA]

ブラインドスポットモニター
搭載車種

  • 隣接する車線の最大約60m後方までモニターします。
  • ウインカーを操作するとLEDインジケーターが点滅してより注意を喚起します。
  • 検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。
  • 天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
  • ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。

車線変更や後退時の危険を知らせる

車体後部に内蔵されたセンサーによって、自車の後側方から接近する車両を検知。衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドアミラー内側のLEDインジケーターや警報音でドライバーに注意を促します。

後側方警戒支援システム1 後側方警戒支援システム2

[死角車両検知]ドアミラーからは見えにくい、後側方の車両を検知し、インジケーターの点灯によってお知らせ。その状態で方向指示器を操作して車線変更しようとすると、点滅によって注意を促します。
[車線変更支援]隣車線の後方から高速で近づいてくる車両を検知し、インジケーターの点灯によってお知らせ。その状態で方向指示器を操作して車線変更しようとすると、点滅によって注意を促します。
[後退時支援*1]駐車場などからの後退時、自車の後側方から接近する車両を検知し、インジケーターの点滅と警報音でドライバーにお知らせします。

*1 道路に対して斜めに駐車している時など、状況によっては、後側方から接近する車両を検知しない場合や、衝突する危険のない車両を検知する場合があります。

後側方警戒支援システム
搭載車種

  • 本システムだけに頼った運転は、絶対に行わないでください。本システムは、運転者の判断を補助することを目的としています。
  • 本システムには作動条件があります。また、認識性能には限界があります。
  • 本システムのご使用について重要な注意事項が記載されておりますので、ご使用前には必ず取扱説明書をお読みください。
  • 本システムの詳細は、販売店にお問い合わせください。

交通事故死傷者ゼロ社会に向けて、
トヨタができること。

トヨタの安全技術