夜間に走るとき

夜間の見やすさを サポート

夜間の走行時のヘッドライトの調節を
自動で行います。

先行車や対向車を検知し、
ヘッドライトの上下を切り替える。

ヘッドライトの上下の向きを
自動で変更し
夜間の運転をサポート

先行車や対向車のライトを認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜道の視界を確保します。

自動で切り替え!

歩行者をいち早く検知し、
事故防止をサポート

遠くまで照らせるハイビームでの走行頻度が高まることで、夜間走行時の視野が広がり、歩行者などの早期発見にもつながります。

オートマチックハイビーム(自動ハイビーム)
搭載車種

「自動ハイビーム(オートマチックハイビーム)」の
はたらく流れ

01 対向車
先行車
がいない
場合

ハイビームで走行可能と
判断したときは、
ハイビームで走行します。

※ハイビーム:
ヘッドライトが上向き状態のこと。

02 先行車
対向車
がいる場合

先行車・対向車の
ライトを検知したら、
ロービームに
自動で切り替えます。

※ロービーム:
ヘッドライトがやや下向き状態のこと。

03 先行車
対向車
がいなく
なったら

先行車・対向車が
いなくなったら、
再びハイビームでの走行に
自動で切り替えます。

  • 自車速度約30km/h以上で作動します。
  • ハイ・ロービームの切り替え自動制御は状況により限界があります。運転時は常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転に心がけてください。
  • 道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくはトヨタ販売店におたずねください。
    また、道路状況、車両状況、天候状態および操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。
  • オートマチックハイビームは、あくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ず運転者が責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転に心がけてください。

Toyota Safety Senseを安全にお使い
いただく上で
ご注意いただきたいこと

システムには限界があります。システムを過信せず、安全運転に心がけてください。

  • 運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
  • 各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。
  • ご使用の前には、あらかじめ取扱書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。

次のような状況では自動ハイビーム(オートマチックハイビーム)が
適切に作動しない場合があります。

  • 見通しの悪いカーブで対向車と突然すれ違ったとき

    見通しの悪いカーブで
    対向車と突然すれ違ったとき

  • 他車が前方を横切ったとき

    他車が前方を横切ったとき

  • 悪天候(雨・濃霧・雪・砂嵐など)のとき

    悪天候(大雨・濃霧・雪・砂嵐など)のとき

  • フロントウインドウガラスが汚れているときや、曇っているとき

    フロントウインドウガラスが
    汚れているときや、曇っているとき

  • 起伏や段差が多い道路を走行しているとき

    起伏や段差が多い道路を
    走行しているとき

  • カーブが多い道路を走行しているとき

    カーブが多い道路を走行しているとき

など※詳しくは取扱説明書をご覧ください。

ハイビームを自動で切り替え、
夜間の前方視界の確保をアシスト

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを手をわずらわせることなく自動で切り替えます。
先行車や対向車などがいない時にはハイビームへ切り替え、遠くまで見通しを確保し安心感を高めます。

自動で切り替え!

オートハイビーム
搭載車種

  • 自車速度約30km/h以上で作動します。
  • ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限度があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、状況に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。

先行車や対向車を避けて
前方を照らしてくれる

周囲のクルマにまぶしい思いを
させないようにサポート

先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光するので、ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めて、夜間の優れた視認性を確保します。

光検出用カメラで、先行車のテールランプや対向車のヘッドライトを判別。ライトが当たっている範囲内に車両を検知すると、光線の方向を最適に変えながら直接ライトを当てないよう部分的に光線をさえぎります。

アダプティブハイビームシステム
(自動ハイビーム)
搭載車種

Toyota Safety Senseを安全にお使い
いただく上で
ご注意いただきたいこと

本システムはあくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転に心がけてください。道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。

自動ハイビーム(アダプティブハイビームシステム)は、
次の場合有効に作動しないことがあります。

要因
カメラで周囲の明るさを
正しく検知できない
  • 悪天候のとき(ひどい雨・濃霧・雪・砂嵐など)

    悪天候のとき(ひどい雨・濃霧・雪・砂嵐など)

  • ガラスが汚れていたり、雨滴・結露・氷雪などで覆われているとき

    ガラスが汚れていたり、雨滴・結露・氷雪などで覆われているとき

  • 車両前方に標識やミラーなど
    光を強く反射するものがあるとき

  • 周囲にヘッドランプや尾灯などに似た光があるとき

など

ハイビーム中心で夜間の視界を
もっと見やすくアシスト

ハイビームで走行中、対向車を検知し操作することなく部分的に遮光します。
対向車に眩しい思いをさせることなく、ハイビームの視認性を確保します。

自動で切り替え!

アダプティブドライビングビーム
搭載車種

  • 自車速度約30km/h以上で作動します。
  • 次のような場合は、ハイビームが自動で遮光ビームに切り替わらない場合があります。
  • ・見通しの悪いカーブで対向車と突然すれ違った時
  • ・他車が前方を横切った時
  • ・連続するカーブや中央分離帯、街路樹などで前方車両が見え隠れする時
  • ・前方車両が離れた車線から接近した時
  • ・前方車両が無灯火の時など

夜間の見にくい箇所を
照らしてくれる

細い道や暗い交差点で歩行者の
見落とし防止をアシスト

ウインカー操作やステアリング操作と連動して点灯し交差点への右左折進入時などに、歩行者や障害物の視認性を確保します。
また、シフトが[R]ポジション時には左右同時点灯します。

サイドビューランプ
搭載車種

  • ヘッドランプ点灯状態で車速約35km/h以下の時、ウインカー点灯やステアリング操舵角80°以上の状態で点灯。
  • 次のような場合は、点灯しません。
  • ・ADBシステムが作動していない時
  • 次の場合に点灯したサイドビューランプが消灯します。
  • ・ロービームをOFFにする
  • ・シフトを[R]レンジに入れ、両側のランプが点灯後、[R]レンジ以外に入れ、約5km/h以上で前進する
  • ・ウインカーをONにし、片側のランプが点灯後、ウインカーをOFFにする
  • ・ステアリング操作にて片側のランプが点灯後、ステアリングをまっすぐな状態に戻す
  • ・点灯した状態で5分以上放置する など

交通事故死傷者ゼロ社会に向けて、
トヨタができること。

トヨタの安全技術