街中を走るとき

標識の見逃し防止をサポート

標識をカメラが読み取り、
ドライバーに知らせて見落としを防止します。

標識を見落しても、
ディスプレイに表示する。

道路標識をディスプレイで確認でき
見落とし防止をサポート

標識をカメラで認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示します。
速度規制値を超えた場合などには、
表示の点滅などでお知らせする機能もあります。

ロードサインアシスト
(標識読み取りディスプレイ)
搭載車種

Toyota Safety Sense以外の
搭載車種

Toyota Safety Sense を安全にお使い
いただく上で
ご注意いただきたいこと

システムには限界があります。システムを過信せず、安全運転に心がけてください。

  • 運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
  • 各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。
  • ご使用の前には、あらかじめ取扱書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。

次のような状況では、道路標識を認識できず、
標識読み取りディスプレイ(ロードサインアシスト)が正常に作動しない場合があります。

単眼カメラ

  • 道路標識をカメラで認識するとき間が短いとき

  • 夜間やコントラストが悪いとき

  • 隣接車線、脇道、合流、分岐直後に道路標識があるとき

  • 道路標識が隠れているとき

など  ※詳しくは取扱説明書をご覧ください。

次のような状況では、道路標識を誤表示し、
標識読み取りディスプレイ(ロードサインアシスト)が正常に作動しない場合があります。

  • トラックやバスの背面に張り付けられたステッカーを道路標識として認識したとき
  • 認識対象とする道路標識に酷似した形 状やデザインを道路標識として認識したとき

など  ※詳しくは取扱説明書をご覧ください。

  • 安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を確認し安全運転をお願いします。

進入禁止の見逃し防止をアシスト

進入禁止の標識をステレオカメラが検知すると表示でお知らせします。
高速道路のサービスエリア出口や、一方通行の多い都市部などで役立ちます。

標識認識機能
(進入禁止)
搭載車種

  • 自車速度約60km/h以内で走行中に作動します。
  • 次のような場合は、適切に作動しないことがあります。
  • ・標識の手前で減速した時や、右折または左折をしようとしている時
  • ・標識が高速道路の分岐した直後、または合流直前の隣の車線にある時
  • ・車両進入禁止標識の色、形に似たものが周辺にある場合(類似の標識、電光掲示板、看板、のぼり旗、構造物など)
  • ・ロータリー(環状交差路)を走行している時
  • ・悪天候時(豪雨、吹雪、濃霧、砂嵐など)
  • ・夕方、朝方の薄暗い時や、夜間に対象物に接近する時
  • ・屋内の駐車場など暗い場所で対象物に接近する時
  • ・前方から強い光(太陽光などによる逆光や対向車のヘッドランプの光など)を受けた時
  • ・標識の全体または一部が、木・電柱などで隠れている時
  • ・標識が泥、雪、または霜などで覆われた時
  • ・標識が街灯などの光や建物の影などで見えにくくなっている時など

交通事故死傷者ゼロ社会に向けて、
トヨタができること。

トヨタの安全技術