カローラ スポーツ

走行性能

01

プラット
フォーム

TNGAプラットフォーム(低重心パッケージ)/高剛性ボディ

スポーティなデザインと走りを支えるボディ。

■TNGAプラットフォーム(低重心パッケージ)
TNGAプラットフォームがもたらす優れた重量バランス・車両安定性によって、意のままの走りを実現。重心高を下げることで同乗者にもやさしい横揺れの少ない乗り心地と、安定した高速走行を叶えるとともに、スポーティな走りを予感させるワイド&ローのスタイリングを表現しました。

■高剛性ボディ
ボディ開口部に環状骨格構造を採用。ボディのねじれ現象を抑制し、優れた操縦安定性を実現するとともに、剛性を大幅に強化しています。また、キャビン周りへの超高張力鋼板(ホットスタンプ材*1等)の採用や、ウインドシールドガラスの接着に高剛性ウレタン接着材を使用するなど、優れたキャビン剛性と軽量化を両立。静粛性や安全性にも貢献するなど、クルマに求められるポテンシャルを総合的に優れたものとしています。

マクファーソンストラット式フロントサスペンション/ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション

快適な乗り心地と走る歓びを追求。

■マクファーソンストラット式フロントサスペンション
ドライバーの操作に対して車両がダイレクトに反応するよう、ステアリング切り始めの車両応答性を高め、意のままに走る歓びを深化させました。また、アーム類の配置適正化とブッシュ特性見直しにより、優れた操縦安定性を実現しています。荒れた路面・段差乗り越え時のショックや、平坦な道の振動を低減することでフラットな乗り心地も両立しています。

■ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション
カローラの上質な乗り心地を保ちつつ、アーム類の配置最適化等により、旋回時の姿勢をさらにつくりこみ、気持ちの良い走りを追求しました。また、アブソーバーの取付構造により、大きな入力の際は路面からの入力を2つに分離してボディに伝える力を分散させることで振動の少ない快適な乗り心地を実現しました。

[アブソーバー]微低速域での摩擦特性と減衰力特性を適正化したアブソーバーを全車に採用し、優れた操舵応答性と上質な乗り心地を高次元で両立させました。

02

パワー
ユニット

1.8L ハイブリッドシステム

気持ちいい加速と、優れた低燃費を実現。

すべての電動モジュールを刷新し、生まれ変わった新型1.8Lハイブリッドシステム。モーターの出力向上とハイブリッドならではのシームレスな加速に、発進時の素早いレスポンスなど、気持ちいいと実感できるダイレクトな走行フィーリングを、優れた燃費性能とともに高次元で実現しています。

2.0L ダイナミックフォースエンジン

爽快な走りと、優れた燃費性能をひとつに。

ガソリン車には、胸のすく動力性能と、優れた低燃費をもたらす2.0L直列4気筒エンジンを搭載しています。マルチホールの直噴インジェクタやロングストローク化などにより、燃焼を高速化。さらに、吸気バルブの開閉タイミングを最適制御するVVT-iE*2を採用し、レスポンスを向上させています。また排気・冷却・機械作動時などのエネルギーロスも低減し、最大熱効率は40%に到達。全域でのトルクアップと燃費向上を高次元で両立させました。

03

空力性能

除電スタビライジングプラスシート(運転席)*3

空気の流れを整えることで、走りやすさに貢献。

運転席の一部に除電機能付表皮を設定することで、ドライバーと周辺に溜まっている静電気をボディ全体に分散させて帯電量を軽減。安定した車両挙動に貢献し、より疲れにくく、気持ちのいいドライビングに寄与します。

04

走りの快適性

パドルシフト*4

指先でスポーティなシフトチェンジ。

Mポジション走行時だけでなくDポジション走行時でも、ステアリングから手を離すことなく指先の操作で俊敏なシフトアップ、シフトダウンが可能。素早いシフトチェンジを楽しめ、スポーティな走りを演出します。

先読み減速支援*5/下り坂SOC*6制御*5/渋滞SOC*6制御*5

■先読み減速支援*5
減速行動を先読みして、エネルギー効率のいい減速をサポート。
ドライバーの過去の減速・停止行動を蓄積し、支援地点として自動的に登録。登録された支援地点に接近すると、状況に応じてアクセルOFF操作を促したり、エンジンブレーキ力を高めることでより多くの電気を回収します。

■下り坂SOC*6制御*5
下り坂での充電量を増加。
地図データの勾配情報を利用してこの先に長い下り坂があるか予測し、下り坂手前から積極的にバッテリーを使用しておくことで、下り坂走行中により多くのエネルギーを回収します。

■渋滞SOC*6制御*5
渋滞でのバッテリー効率が向上。
ナビゲーションから受信した交通情報を利用して、渋滞手前からバッテリーを充電しておき、渋滞時に強制的にエンジンをかけて充電する頻度を減らします。

ドライブモードセレクト*7

求める走りを自由に選択。

複数の走行モードから状況に合わせて最適な走りを選択できます。状況や気分に合わせた走りのテイストが、ドライビングの歓びをさらに広げます。選択した走行モードはマルチインフォメーションディスプレイに表示されます。

1.8L ENGINE 2ZR-FXE × HYBRID SYSTEM*1

システム最高出力 103kW[140PS]*2

燃料消費率(国土交通省審査値)

[G“Z”(ハイブリッド車)]
WLTCモード:27.2km/L
市街地モード:26.2km/L
郊外モード:30.0km/L
高速道路モード:26.1km/L

[G(ハイブリッド車)]
WLTCモード:29.5km/L
市街地モード:27.8km/L
郊外モード:32.9km/L
高速道路モード:28.3km/L

[G“X”(ハイブリッド車)]
WLTCモード:30.0km/L
市街地モード:27.9km/L
郊外モード:33.4km/L
高速道路モード:29.0km/L

1.8L 2ZR-FXE エンジン

燃費性能と走りの楽しさを追求。

高効率の大量EGR(排気再循環システム)と低フリクション化アイテムの採用により、最大熱効率40%を達成。刷新したハイブリッドシステムとの協調を高めることで、エンジン回転上昇フィールを向上させています。

2.0L DYNAMIC FORCE ENGINE
M20A-FKS × Direct Shift-CVT*1*2

最高出力<ネット>:125kW[170PS]/6,600r.p.m.
最大トルク<ネット>:202N・m[20.6kgf・m]/4,900r.p.m.

燃料消費率(国土交通省審査値)

[G“Z”(ガソリン車)]
WLTCモード:17.2km/L
市街地モード:12.8km/L
郊外モード:17.6km/L
高速道路モード:20.0km/L

[G(ガソリン車)/G“X”(ガソリン車)]
WLTCモード:18.3km/L
市街地モード:13.4km/L
郊外モード:18.8km/L
高速道路モード:21.4km/L

Direct Shift-CVT(ギヤ機構付自動無段変速機+10速シーケンシャルシフトマチック)*3

発進時・高速走行時に、気持ちよく加速する。

従来のCVTに発進用ギヤを追加し、発進から高速域まで力強くダイレクトな走りと低燃費を実現。マニュアル感覚のシフトチェンジが楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックにより、スポーティな走りを存分に楽しむことができます。