点検と整備について

クルマの弱点、知っておこう

クルマのイラスト

長期使用により摩耗、劣化しやすい箇所があります。
例えば、ベルトやホース、パッキンなどのゴム部品は時間が経つにつれて、柔軟性が無くなりモロくなります。
また、ハンドルからタイヤ、サスペンションなどは、がたや異音がすることがあります。
大切なおクルマにこれからも安全にお乗りいただくためにお近くのトヨタのお店にご相談ください。

クルマのイラスト

エンジン

ハンドル

  • ハンドルやサスペンション等の継手部分
    ハンドルやサスペンション等の継手部分

    がたや、異音が発生し、外れて事故の恐れがあります。

    ボールジョイントの点検・整備について

  • パワーステアリングホース
    パワーステアリングホース
    破裂すると、ハンドルが重くなり、事故の恐れがあります。

タイヤ・ブレーキ

バッテリー

その他

  • ショックアブソーバー
    ショックアブソーバー
    オイルやガスが抜けると、圧力が低下し、走行中、車両がフワフワする等、走行状態が不安定になる恐れがあります。
  • ダンバーステー
    ダンパーステー
    ガスが抜けると、ボンネットやバックドア等が急に下がって、怪我をする危険があります。

乗るほどいたわり点検

クルマのトラブルは、お近くのトヨタのお店へ

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店

長期使用の弱点や、点検・整備についてまとめたクルマのトラブル防止アドバイスブックをトヨタ販売店にて無料配布中。

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店